糖値対策・糖尿病予防に効果が期待できるということで、アグリ生活の「グラシトール」を愛用する方が増えていますね。

このグラシトールの価格を公式サイト・楽天市場・Amazon(アマゾン)で調べてみたところ、公式サイトがもっとも安く購入できることがわかりました。

>>> グラシトールの最安値:公式サイトはこちら

グラシトールの最安値:もっとも安く買えるのはどこ?

もそうですが、ネットで買い物をするときに利用することが多いのが、楽天市場とAmazon(アマゾン)です。

だから、グラシトールを購入しようとしたときに、最初に価格を調べてみたのがこの2つの通販サイトです。

その結果が、こんな感じになっていました。

楽天市場:4,917円からとなっていました。 → 楽天市場での購入はこちら

Amazon:4,917円となっていました。 → アマゾンでの購入はこちら

これに対して、グラシトール公式サイトの価格はこのようになっていました。

公式サイトでは、通常サイズが4,552円となっていました(税込4,916円・送料無料)。

楽天市場・アマゾンよりも1円安いということです。

また、お試しサイズの約10日分(60粒入り)が1,518円となっています(税込1,639円・送料200円)。

通常サイズをさらに安く購入したい場合は、定期コースを利用するのがいいと思います。

定期コースを利用すると、毎回15%OFFの3,870円で購入できます(税込4,180円・送料無料)。

さらに、初回お届け時に「しあわせ減糖茶」のプレゼントがあります。

しかし、グラシトールが初めての場合、いきなり定期コースを利用するのは不安があるかと思います。

この点、グラシトールの定期コースはいつでも解約OKとなっています。

つまり、初回分を試してみて、まったく効果を実感できないとか、何らかの理由で継続したくないと思ったら、すぐに解約してもいいということです。

ですから、お試しで定期コースを利用することもできるというわけです。

【定期コースの中途解約】
定期コースを解約する場合は、次回商品発送の10日前までに電話かメールで連絡することになります。
電 話:0120-977-625(10:00~21:00、土日祝は18:00まで)
メール:info@agri-life.jp

>>> グラシトールの最安値:公式サイトはこちら

グラシトールの店頭販売:ドラッグストア・薬局で買えるのか?

しグラシトールをドラッグストアや薬局などの店舗で買えるとしたら、なくなったときにすぐに買えるというメリットがあります。

もちろん自分で買いに行くわけだから、送料もかかりませんね。

だから、ドラッグストアに行くたびに、グラシトールが販売されていないかいつも探していたのです。

しかし、私が見た限りでは、グラシトールを販売している店舗はありませんでした。

もちろん、日本全国にある店舗を見たわけではないので「絶対売ってない」とは言えませんが、少なくともグラシトールの公式サイトなら確実に購入することができます。

しかも、最初のほうで説明したとおり、公式サイトなら、楽天市場やAmazonよりも安く購入できます。

>>> グラシトールの最安値:公式サイトはこちら

私も実際にグラシトールを使っています!

は今まで健康診断等で血糖値の異常を指摘されたことがありません。

でも、グラシトールを飲むようになりました。

なぜなら、私の祖母が生前に糖尿病を患っていたからです。

家族に糖尿病になった人がいる場合は、要注意らしいですね。

それに私は炭水化物だけでなく、甘いお菓子も大好きです。

父親から「気を付けないと本当に危ない」とよく注意されていました。

だから、グラシトールを食前に飲むようにして、間食でお菓子を食べるのもなるべく控えるようになりました。

グラシトールを飲むようになって何か実感できた効果があるかというと、いくつかありました。

1.お通じがよくなりました。

よく便秘になっていたのですが、明らかに便秘になる頻度は減りました。

グラシトールに使われている食物繊維のおかげだと思います。

【原材料一覧】
ピニトール、水溶性食物繊維、アイスプラント末、食用酵母(亜鉛・マンガン)、結晶セルロース、ビタミンC、ステアリン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、葉酸、ビタミンB12、ビオチン

2.太りにくくなりました。

たまに食べすぎたときでも、体重が増えにくくなった実感があります。

おそらくグラシトールのおかげで糖の吸収が抑えられているからだと思います。

普段の食事での糖質の摂取量を減らせば、簡単に痩せられる感じがします。

ダイエットサプリとしての利用もいいのかなと思います。

>>> グラシトールの最安値:公式サイトはこちら

グラシトールの評判:アットコスメや楽天市場の口コミは?

ラシトールは血糖値対策・糖尿病予防に効果が期待できると言われていますが、本当にそのような効果を実感できるものでしょうか。

そこで、実際にグラシトールを使っている人の口コミを見てみることにしました。

まず、大手口コミサイト・アットコスメ(@cosme)のグラシトールについての評価です。

アットコスメと言えば、辛口な口コミが多いという印象があります。

一般論として、公式サイトに掲載されている口コミだと、どうしても商品を購入させるための「べた褒め」のものばかりなので、購入前にアットコスメを参考にする人も多いです。

では、グラシトールのアットコスメの口コミ・評判はどうなっているでしょうか。

残念ながら、アットコスメでは口コミの投稿が1件もありませんでした。

次に、楽天市場の口コミを見てみます。

アットコスメは試供品(サンプル)を使ったうえでの口コミ投稿も多いですが、楽天市場の場合は実際に本商品を使ったうえでの投稿が多いという特徴があります。

ただし、使って間もない段階での投稿も多く、継続使用した場合の効果については参考にならない口コミも多いです。

楽天市場では、全体的に良い評価が多い感じです。

最初に、評価の良い口コミをいくつかご紹介します。

ヘモグロビンA1Cが6.8まで下がりました。
「飲み始めて1年近くになります。1年前はヘモグロビンA1Cが8.5ありましたが、今は6.8まで下がりました。これからも飲み続けたいです。」

血糖値が20ポイント改善、体重は5キロ!
「一念発起し米飯をこれまでの半分にし、さらにグラシトールを毎食前2錠づつ服用しました。その結果、服用を初めて1ヶ月以内に食後の尿糖が(-)になり健康診断では血糖値が約20ポイントほど改善され、体重は米飯を少なくしたこともあり5キロ減りました。」

生理不順が改善された!
「病院で多嚢胞性卵巣症候群の体質と言われ、インスリンの抵抗性について調べて購入しました。生理不順がすごく改善されたように思います!いつも60日周期なのが、半分に短縮されそうです。」

次に、評価の悪い口コミをいくつかご紹介します。

あまり効果はわかりません。
「飲み始めて10日ほど経ちますがあまり効果はわかりません。今後に期待します。」

まったく変化なしでした!
「購入して1ヶ月使用して、先日検査があったのですが、まったく変化なしでした。ちょっとでも変化があれば、長く続けられるのですが...」

尿と鼻水が黄緑に!
「これ飲むと、尿が黄緑になり、黄緑の鼻水が大量に出ます。私だけ?」

継続して飲んでいる人はそれなりに効果を実感しているようです。

これに対し、効果を実感できていない人は、飲んでいる期間がまだ短い傾向があることと、普段の食生活に根本的な原因があることが予想されます。

>>> グラシトールの最安値:公式サイトはこちら

グラシトールの飲み方:効果を実感するためのコツ!

ず、グラシトールの基本的な飲み方はこのようになっています。

「1日6粒を目安にして、食前に水またはぬるま湯で、お召し上がりください。」

これだけだとちょっと不親切というか、物足りなさを感じます。

実はこれ以外にも取り入れておくといいと思われる飲み方があるのです。

1.グラシトールを食前に飲むとともに、糖質の摂取量を減らす。

血糖値が上がる原因は、糖質(おもにご飯・パン・麺類などの炭水化物)の摂取にあります。

すでに健康診断等で血糖値について指摘を受けている場合は、普段の食事での糖質の摂取量が多いと考えられます。

これを機に糖質の摂取量を減らしてみると効果が出やすいと思います。

2.グラシトールの量を増やしてみる。

ヘモグロビンA1cや血糖値の値はそれぞれ違うので、効果を実感できない場合はグラシトールの量を増やしてみるという方法もあります。

1日6粒が目安ですが、1日12粒まで増やしてみてもよいです。

グラシトールは医薬品ではないので、多く摂取したからといって副作用の心配はありません。

3.食後の軽い運動を取り入れる。

血糖値がもっとも上がるのは、食後です。

食後に15分程度の散歩をするだけで、食事で摂取した糖をエネルギーとしてすぐに消費できるので、糖の吸収を抑えることができます。

>>> グラシトールの最安値:公式サイトはこちら

グラシトールの成分:血糖値対策に効果があるという科学的な根拠は?

ラシトールは血糖値対策・糖尿病予防に効果が期待できるとされていますが、そこには科学的な根拠はあるのでしょうか。

まず、グラシトールのパッケージを見ると、栄養機能食品(ビオチン)という表示があります。

成分的にはビオチンが主要成分ということのようです。

【栄養成分表示:6粒あたり】
エネルギー:5kcal、たんぱく質:0.12g、脂質:0.02g、炭水化物:1.06g、ナトリウム:4mg、ビオチン:50μg

ビオチンは、皮膚や粘膜の健康維持をサポートする栄養素として知られています。

しかし、血糖値や糖尿病に対して何らかの効果があるのでしょうか。

そこで調べてみると、たしかにありました。

糖尿病とビオチン
ビオチン欠乏症は、リュウマチ、シェーグレン症候群、クローン病など膠原病群の免疫不全症だけではなく、1型及び2型の糖尿病にも関与している。ビオチン欠乏が進むと、インスリン分泌能がきわめて低下する。ビオチンの投与によりインスリン抵抗性が低下することや、粘膜部位の炎症、皮膚疾患、血糖値が改善することが知られている。(出典:Wikipedia)

また、グラシトールの名称は「アイスプラント加工食品」となっています。

アイスプラントは南アフリカ原産の植物で、表皮に塩を隔離するための細胞があるため葉の表面が凍ったように見えることからそういう名前が付いたと言われています。

地域によっては「ツブリナ」と呼ばれることもあります。

野菜として販売されていますが、普通の野菜のようにどこでも買えるものではありません。

私もいくつかのスーパーなどで探したことがありますが、買えたのは三越の地下食品売り場だけでした。

このアイスプラントの注目されている成分が「ピニトール」です。

ピニトールの血糖値対策・糖尿病予防に対する効果を調べてみると、

ピニトールはイノシトールの一種で、マメ科の植物に存在する天然の物質である。
ピニトールはグルコーストランスポーターの亢進作用を示し、 糖尿病予防に効果が期待できる成分とされる。
ピニトールを脱メチル化して生成されるカイロ-イノシトールは、不妊の原因の一つとされる多嚢胞性卵巣症候群の改善に効果が有るとされ、アメリカなどで研究が進んでいる。(出典:Wikipedia)

ここで糖尿病のほかに「多嚢胞性卵巣症候群」という疾患が出てきましたが、こちらも血糖値が高めの女性がかかりやすいことなので、そもそもの原因は共通しているとも言えます。

このように、グラシトールに含まれるビオチンもピニトールも、血糖値対策や糖尿病予防に効果を有することについて、それなりの科学的根拠があると言ってよいと思います。

>>> グラシトールの最安値:公式サイトはこちら